「 投稿者アーカイブ: 」 一覧

台湾・高雄ではどこに行く?蓮池潭にはもう一度行きたい!

高雄は台湾第2の規模の都市です。でも街の規模はこじんまりしています。 普段着の気分でのんびり歩き回れる街。 わたしは高雄を「たかお」と通常読んでいますが、高速鉄道のチケットを買う時は窓口で ガオシュン ...

「古民家 道中庵 de ひなまつり」改装古民家で鑑賞する数々のひな人形。

道中庵は長年の間、ユースホステルとして使われて来た古民家です。 その古民家ぶりが人気で、海外からの宿泊客もずいぶん多かったそうです。 しかし2019年10月に、長年の営業にピリオドを打ちました。 今回 ...

歌川広重?安藤広重?歌川広重は「名所江戸百景」がおすすめ!

知っている人は当然知っていて、――知らない人は全然知らない知識ですが、 歌川広重と安藤広重は同一人物です。 わたしがここんとこはっきりしたのはかなり大人になってからでした。 それまでボンヤリとしてた。 ...

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」。ベスト5を選ぶとしたらどれ?

葛飾北斎の一枚といえば、わたしにとっては「八方睨み鳳凰図」ですが、 やはり「冨嶽三十六景」も欠かせないですよね。   46枚の「冨嶽三十六景」。 「冨嶽三十六景」といいつつ、46枚あるそうで ...

葛飾北斎の一枚。岩松院の「八方睨み鳳凰図」。

葛飾北斎はアメリカの雑誌「LIFE」が発表した記事、 「過去1000年の間で最も重要な人物100人」のなかで、 日本人として唯一選ばれた人だそうです。86位。 とはいっても、これはアメリカ人が考える結 ...

きれいな日本画が見たくなって並べてみました。今回は速水御舟と円山応挙。

ふと、 きれいな絵を見たいな。 と思いました。 今の気分だったら日本画。色のきれいな日本画が見たい。 通常の世の中であれば、島川美術館へ行けば解決したと思います。 期待以上に見ごたえあり!幸せな絵の並 ...

国語辞典からの挑戦状。突然「かまびすしい」で2000字。

適当に国語辞典のページを開き、そのページの最初に出て来る単語から 思いつくもので2000字を書く、という企画です。 前回は「ダウン」で書きました。 国語辞典からの挑戦状。突然「ダウン」で2000字。 ...

お昼ごはんの貧乏めし、5選。

ここ数日、「貧乏めし」が気になっています。 書かないとずっとひっかかったままなので、ちょこっと。 それはそれとして、最初に―― 「貧乏めし」と「節約めし」って違う? と、ふと気になった。   ...

塩野七生、おまけ。「東方戦記コース」。

前回と前々回で、塩野七生諸作の前半分を、 「王道歴史コース」 「よりみち歴史コース」 に分けて書いてみました。 ●塩野七生を読むのならまずは「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」からがおすすめ ...

塩野七生の「よりみち歴史コース」。こっちもまずは「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」から。

塩野七生の小説を読んでみようかなと思った時に、どれから読んだらいいか 迷う人は多いと思います。たくさん、しかも長いのがありますからね。   まずは「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷 ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.