「本を読むこと」 一覧

◎梨木香歩。繊細な視点でつむぐファンタジーとエッセイ。

梨木香歩は繊細に真摯に物語を語っていく作家です。誠実な人柄と少しの不器用さを感じさせる。エンターテイメントとして作品を作っていくというよりは、自分の中にある思想をフィクションとして生み出していくタイプ ...

森見登美彦は愉快である。最初の1冊は何から読む?

2020/06/03   -本を読むこと
 ,

こないだ、夏目漱石のロマンティスト部分について書きました。 夏目漱石は実はロマンティスト。短編と随筆がおすすめ! これを書いたら「文章表現が優れている作家って誰だろう」とふと思った。 それからずーっと ...

塩野七生、おまけ。「東方戦記コース」。

前回と前々回で、塩野七生諸作の前半分を、 「王道歴史コース」 「よりみち歴史コース」 に分けて書いてみました。 ●塩野七生を読むのならまずは「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」からがおすすめ ...

◎有栖川有栖を読むなら「学生アリスシリーズ」!しかし、その注意点。

先日、ものすごく久しぶりに有栖川有栖の「双頭の悪魔」を読み返しました。あまりに久しぶりでストーリーもトリックもキャラクターもほぼ忘れていたという。忘れていたおかげでたっぷり楽しめました。 わたしが読ん ...

◎梅原猛「隠された十字架」。ミステリよりも面白い!

梅原猛さんがご逝去されました。テレビのニュースで知った時、わたしは定食屋で会計を済ませるところだったのですが、テレビの前で仁王立ちになりました。 そうか。梅原猛。亡くなったか。93歳か。 寿ぐべきご長 ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.