「いろいろ徒然」 一覧

◎超シンプルに日本史を説明したい!外国人や歴史の苦手な人に向けて。シンプル日本史・1の巻。

以前、とある外国人のスポーツ選手が「今年何かチャレンジしたいことがありますか?」と訊かれ、「日本の歴史を勉強したい」と言っていました。歴史に興味を持ってくれるのは嬉しい。単に数年を過ごすだけの土地では ...

◎英語で書かれた簡単そうな日本の歴史の本、4選。

日本に長い、とあるスポーツ選手が「今年チャレンジしてみたいこと」を訊かれて、日本の歴史を勉強したいと答えていました。それを動画で見て、日本に愛着を持ってくれているんだなあと嬉しくなった。単に数年を過ご ...

◎古山拓「正岡子規が旅した宮城」。子規は東北を旅していました。

正岡子規は夏目漱石を通して若干の親しみを感じるけれども、実際に著作を読んだこともなければ、俳句も一つ二つしか知らない。漱石を俳句へ導き、激しい歌論を起こし、野球が大好きで「野球(の・ぼーる)」を自分の ...

◎「俳句いろはかるた」の俳句たち。【ら】~【京】編。

かるたの「ん」を「京」で代用するという文化は一体どこで始まったのか。どこに由来があるのか。 一説に、双六にならったと聞いたことがあります。双六は東海道の宿場を並べたものが定番だった。東海道は江戸から京 ...

◎「俳句いろはかるた」の俳句たち。【ま】~【よ】編。

水原秋櫻子監修「俳句いろはかるた」のラインナップを並べています。あいうえお、から始めました。 俳句には意味がわからないもの、意味はわかっても良さがわからないもの、そのまんまだけどなぜか心に残るもの、さ ...

◎「俳句いろはかるた」の俳句たち。【な】~【ほ】編。

2022/05/08   -いろいろ徒然
 ,

わたしの俳句経験は、この俳句いろはかるたが8割。残りは学校で勉強したもの。……のはずですが、教科書に載っていた俳句で記憶に残っているものは全くない。あ、「おくのほそ道」はちょっと覚えてる。 草の戸も住 ...

◎「俳句いろはかるた」の俳句たち。【あ】~【こ】編。

わたしが好きだったのは水原秋櫻子監修の「俳句いろはかるた」。絵のきれいさで他のかるたとは一線を画す(と、わたしは信じる)ものでしたが、古すぎてもう手に入りません。Amazonにもありません。残念。オー ...

◎知育玩具としての「俳句いろはかるた」

2022/04/29   -いろいろ徒然
 

白状すると、知育玩具が好きです。遊びながら頭が良くなればお得だと思ってしまう。が、大人が子どもに買い与える知育玩具は大人の自己満足であるケースも多いので、遊ばないからといって怒る、せっかく買ったのにと ...

◎鉄分をなんとなく摂っていく。鉄分不足のための食べ物、飲み物。

鉄分を摂りたいと思っている方は世に多いのではないでしょうか。鉄分不足ってよっぽど進んでも自覚症状がないのが厄介なんですよね……。 わたしも鉄分不足なのですが、数値がぎりぎりになっても自覚症状はあまりな ...

◎星の名前。冬の星座とギリシャ神話、その2。

2022/03/08   -いろいろ徒然
 

冬はオリオン座の他にも目立つ星座があります。星座?星座じゃないですね。星の連なり。   冬の大三角。 春と夏と冬には大三角があり、秋には大四辺形があります。明るい星を繋いで作るので、全部わか ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.