「大好きな美術館&博物館」 一覧

◎朦朧体の創成者の一人、菱田春草。のちには描法の融合へ。

気になる一枚がある画家を見てみました。今回は菱田春草です。 菱田春草。朦朧体を始めた画家。 読み方はひしだ・しゅんそう。1874年生まれの日本画家です。岡倉天心の弟子で横山大観の盟友。ともに朦朧体とい ...

◎旅の画家。雪の画家。空気感まで描く画家、川瀬巴水。

川瀬巴水という版画家の名前を初めて聞いたのは昔、リンボウ先生のエッセイを読んでいる時でした。……このリンボウ先生が一体何者かというのは本題から離れるので割愛。 そのリンボウ先生が川瀬巴水を好きだと言っ ...

◎じっくりと描いた画家、奥村土牛。とりわけ「ガーベラ」がすてき。

奥村土牛は日本画家です。だいぶ前の画家というイメージだったのですが、亡くなったのが1990年。かなり現代の画家だったんだーと驚きました。でも生まれたのが1889年。明治22年だそうです。そう聞くと途端 ...

◎輝く琳派。他の流派とは違うユニークな特徴とは?

最近琳派が人気です。 でも琳派ってなに?そう訊かれると正直シンプルな答えは返せない。実は琳派って普通の流派じゃないんです。非常にユニークな特徴を持つ、歴史上でも珍しい存在。 では、どんなところがユニー ...

◎はっと息をのむ、黒と灰色の競演。長谷川等伯「松林図」。

今はむかし、日本画にほとんど興味がなかった頃。 通りすがりにテレビの画面を見て、目を奪われました。 それが長谷川等伯「松林図」。 長谷川等伯 - Emuseum, パブリック・ドメイン, リンクによる ...

宗達、光琳、抱一。琳派の「風神雷神図」を並べてみました。見分けるポイントは?

「風神雷神図」。なんとなく聞いたことがありますね。 日本画のなかでも有名な絵で、見れば「ああ、あの……」と思うでしょう。 しかし「風神雷神図」、別な作家によるほとんど同じ構図のものが 何枚もあることは ...

日本画ってなに?日本画の有名画家ってだれ?日本画の魅力とは。

おそらく「知っている有名画家を5人挙げてください」という アンケートをとったら、半分以上の人はモネやゴッホなど、 全員外国人の画家の名前を挙げるのではないでしょうか。 日本では、日本画より西洋絵画の方 ...

歌川広重?安藤広重?歌川広重は「名所江戸百景」がおすすめ!

知っている人は当然知っていて、――知らない人は全然知らない知識ですが、 歌川広重と安藤広重は同一人物です。 わたしがここんとこはっきりしたのはかなり大人になってからでした。 それまでボンヤリとしてた。 ...

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」。ベスト5を選ぶとしたらどれ?

葛飾北斎の一枚といえば、わたしにとっては「八方睨み鳳凰図」ですが、 やはり「冨嶽三十六景」も欠かせないですよね。   46枚の「冨嶽三十六景」。 「冨嶽三十六景」といいつつ、46枚あるそうで ...

葛飾北斎の一枚。岩松院の「八方睨み鳳凰図」。

葛飾北斎はアメリカの雑誌「LIFE」が発表した記事、 「過去1000年の間で最も重要な人物100人」のなかで、 日本人として唯一選ばれた人だそうです。86位。 とはいっても、これはアメリカ人が考える結 ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.