「大好きな美術館&博物館」 一覧

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・バロックその後の美術。とりあえずロココ。

西洋美術をずーっと見ていく時の問題は、バロックから後の美術です。 ――何が問題かというと、この辺りになると流れが全くよくわからないということです!(←わたしが)。 バロックまでは何とか流れが追えても、 ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・バロックっぽくないバロック期の画家編。

わたしが思うバロックの定義は「華麗・劇的・明暗」。なので、文句なくバロックっぽい!といえるのはカラバッジョとルーベンスです。まあカラバッジョは華麗か?というとそうでもなく、ル―ベンスは明暗か?と言われ ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・バロック編。

ルネサンスが理想と調和を追い求めたとするなら、バロックは華麗&劇的&明暗。 が、この時代になるとそれぞれの画家の画風も多岐にわかれ、時代性のある画家は少なくなっています。みんなが理想を目指して描いた時 ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・北方ルネサンス編。

ルネサンス美術は主に2ヶ所で花開きました。 1ヶ所はイタリア。とりどりの花がぎっしり植えられた豪華な花壇のような華やかさ。西洋美術史上の最高峰という地位は揺らがない。(←amairo比) ルネサンス美 ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・マニエリスム編。

美術を楽しむためには好きなジャンルを見つけるのが大切です。絵は千差万別で、好きになれる絵もあれば全然興味を惹かれない絵もありますから。興味を惹かれない絵をオベンキョウだと思って見ても愉しくない。愉しい ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・イタリア盛期ルネサンス編。

西洋美術史の最高峰、盛期ルネサンスです! まあ最高峰といったからといって、それがすなわち価値の高さというわけではありません。美術に順番をつける必要もないですからね。好きな順番は価値の高さとは別に、個人 ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・イタリア初期ルネサンス編。

美術を楽しむために、好きなジャンルを探すのが早道!というお話です。一口に美術と言ってもいろいろなジャンルがあって、ハズレの場合全く興味が湧かないのが普通ですから。音楽と同じですね。クラシック好きの人が ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・中世編。

美術を楽しく見るためには、まず自分がどんなものが好きかを突き止めることが大事です。単純なことですが、これに気づかないと延々と好きじゃないものを見て、愉しくなく、オベンキョウとしか思えない……そういう羽 ...

◎美術を楽しく見るためには、好きなジャンルと出会うのが大切。西洋美術・古代編。

むかしむかし大学生だった頃、時々美術館に行っていました。最寄は宮城県美術館。常設展に行ってなんとなくわかった顔をしていました。 ……が、実はその頃は美術のことなんて全然好きじゃなかった! 今から思えば ...

◎この画家のこの一枚。動物画をおすすめしたい竹内栖鳳。

竹内栖鳳。……字面には馴染みがあるのですが、読み方が今一つ記憶に定着しない。覚えた!と思ってもすぐ忘れてしまう。正しい読み方は「たけうち・せいほう」。京都を中心に活躍した日本画家です。   ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.