「 国語辞典からの挑戦状 」 一覧

◎国語辞典からの招待状。「踏青」で2000字。

国語辞典のページをランダムに開いて、最初の言葉を基に何か書く、というチャレンジを続けております。最初は言葉を得てから、パッと条件反射で書くことを目指してましたが、それにはほとんど意味がないことに気づい ...

◎国語辞典からの挑戦状。お題「賞杯」で2000字。

国語辞典のページを行きあたりばったり開き、そこに出て来た最初の単語を基にしてだいたい2000字を書く、という挑戦を続けております。が、なかなか書けるお題には当たらないですね。世に単語は数多くも、近しい ...

◎国語辞典からの挑戦状。「幽遠」で2000字。

わたしが聴いている某ラジオで、パーソナリティーが突然お題を与えられて10分喋るというコーナーをやっています。もう過去形かもしれない。今後再びやるかどうか。やらなさそう。大変だから。 それを書くことで真 ...

◎国語辞典からの挑戦状。突然「生」で2000字。

某ラジオの一コーナーに刺激を受けて、ランダムなお題から話を広げて2000字というチャレンジを時々やっています。お題は国語辞典を適当に開き、その左上の最初に出て来た単語。書くにあたっては検索はせず、自分 ...

◎国語辞典からの挑戦状。突然「コッホ」で2000字。

任意の単語から話を広げてだいたい2000字書く、ということをたまにやっております。任意の単語は国語辞典をパッと開いて、その左のページの最初に書いてある単語ということに。 これがまあ容赦がないというか、 ...

◎国語辞典からの挑戦状。突然「雑巾」で2000字。

一つの任意の単語からの発想で2000字くらいを書くというチャレンジを時々やっています。お題はあてずっぽうに国語辞典を開き、そのページの左上に書いてある最初の単語を採用。その単語から話を発展させるのです ...

◎国語辞典からの挑戦状。突然「分留」で2000字。

突然、国語辞典で任意のページを開きその時左上にある単語から始めて、およそ2000字くらいで書くというチャレンジを時たまやっております。書く前はネットで材料を調べたりしない。あやふやな記憶でも、まずは書 ...

◎国語辞典からの挑戦状。突然「告白」で2000字。

普段聴いているラジオに、突然その場でお題が言い渡されてその後10分喋る、というコーナーがあります。これが難しそう。同じことを文章でやってみようと思いました。 わたしの場合、お題は国語辞典から取ります。 ...

◎国語辞典からの挑戦状。突然「停車」で2000字。

普段聴いているラジオのコーナーに、「突然お題を出されて、その後10分間それについて喋る」というものがあります。お題はかなりランダムで、パーソナリティがその単語についてほとんど知らない場合もあり。 それ ...

◎国語辞典からの挑戦状。突然「もと」で2000字。

とあるラジオ番組で、突然お題を出されて、そのテーマで10分喋るというコーナーをやっています。それは難しいよなー、というところから、同じことを文字でやってみようと思いました。 お題は国語辞典から。任意の ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.