「 建築 」 一覧

◎藤森照信著「フジモリ式建築入門」。攻めてます。

建築が好きです。いや、建築というと大げさか。建物が好きです。そんなに専門的なものではなく、きれいな洋館、きれいな和風建築、擬洋風建築、ヨーロッパの街並み、お城や館が好き。 そもそもわたしを建物好きにし ...

◎ヴェネツィアの島々。イタリアの旅の話・その10。

夜、その後の2日間のヴェネツィア攻略作戦を練りました。……普通の言い方をすれば観光のスケジューリング。その結論に従って翌日は島へ旅立ちます。   島へ行きます。 ヴェネツィア自体も島なのです ...

◎ヴェネツィアの本屋さん。イタリアの旅の話・その9。

15:00頃にホテルを出て、まずは聖マルコ広場へ向かいます。 ヴェネツィアの道は狭い。細い。観光名所であるリアルト橋近辺が例外的に広いだけで、たいていの道はお互い2人組で歩いていたらすれ違えないな…… ...

◎サンタ・マリア・デル・フィオーレの赤い大屋根。イタリアの旅の話・その7。

ジオットの鐘楼。 シニョーリア広場から狭めの目抜き通りをまっすぐ北上すると、サンタ・マリア・デル・フィオーレへ行きつきます。 この広場にはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂と、その真ん前にサン・ジ ...

◎宮城県美術館は現地存続・改修と決まりました。

移転案は地元民にとっても寝耳に水でした。 宮城県美術館は仙台市青葉区川内にあります。仙台市の西側、青葉山の麓で東北大や青葉城址に近いところ。 それを仙台医療センター跡地に移転するというのです。仙台駅の ...

◎ついに行ってしまった仙台大観音。思ったよりも……

2020/02/15   -仙台あちこち
 , ,

以前にこの本の話をしました。 晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫) [ 宮田珠己 ] この本はわたしの好きな、ヘンなエッセイストの宮田珠己が日本全国のマヌ景(マヌケな風景)を求めて、主に巨大仏巡りを ...

◎宮城県美術館の移転問題について。宮城県が1月31日まで意見を募集しています。

宮城県側から唐突に出て来た現宮城県美術館の移転。 つい1年半前は現行の建物の改修で大筋の流れが決まっており、それについての話し合いも何度も行なわれていたのに、突然、宮城県は言いました。「宮城県美術館は ...

◎宮城県美術館の新築移転についてどう思いますか?

え?新築移転?初耳です。 先月、宮城県から県美術館を国立医療センター跡地へ移転する方針が示されました。 「方針が示された」ということは誰も何も言わなければそのままの方向で 実行されてしまう、ということ ...

◎武相荘。白洲正子と白洲次郎が住んだ場所。

20年くらい前には随筆家・白洲正子が書店を中心に地味に流行り、10年くらい前にはその夫・白洲次郎がドラマになったりして華々しく流行りました。 白洲正子と白洲次郎については後日書くとして、今回は二人が住 ...

◎藤森照信著「アール・デコの館 旧朝香宮邸」。名著。

前回東京都庭園美術館関連でこの本を紹介したら、語りたくなりました。 これはね!本当に名著ですから。絶版にしてる場合じゃないですよ、筑摩書房! この本を絶版にしておいていいの?松田哲夫。 (松田哲夫とい ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.