「 作品 」 一覧

森見登美彦は愉快である。最初の1冊は何から読む?

2020/06/03   -本を読むこと
 ,

こないだ、夏目漱石のロマンティスト部分について書きました。 夏目漱石は実はロマンティスト。短編と随筆がおすすめ! これを書いたら「文章表現が優れている作家って誰だろう」とふと思った。 それからずーっと ...

夏目漱石は実はロマンティスト。短編と随筆がおすすめ!

本は読みますが、文学作品はおおむねそんなに好きではないamairoです。 でも夏目漱石は好きなんですよねー。 長編が有名な漱石ですが、わたしが好きなのは、主に短編と随筆です。   漱石といえ ...

歌川広重?安藤広重?歌川広重は「名所江戸百景」がおすすめ!

知っている人は当然知っていて、――知らない人は全然知らない知識ですが、 歌川広重と安藤広重は同一人物です。 わたしがここんとこはっきりしたのはかなり大人になってからでした。 それまでボンヤリとしてた。 ...

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」。ベスト5を選ぶとしたらどれ?

葛飾北斎の一枚といえば、わたしにとっては「八方睨み鳳凰図」ですが、 やはり「冨嶽三十六景」も欠かせないですよね。   46枚の「冨嶽三十六景」。 「冨嶽三十六景」といいつつ、46枚あるそうで ...

◎テート・ブリテンにイギリス絵画を見に行こう。ターナーもラファエル前派も!

ロンドンには美術館・博物館がひしめいています。 大英博物館、ナショナル・ギャラリー、ヴィクトリア&アルバート美術館がロンドン3大美術館だとすると、4番目か5番目か6番目に位置するのがテート・ブ ...

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.