旅あれこれ

◎松山市の観光、正解は?観光1日、あるいは1泊2日の場合。検討会。

更新日:

先日行った愛媛県松山で1日観光をしました。具体的には9:30~19:30くらいまでの観光。この10時間を使ってわたしが行ったところは、

B級グルメのアルミ鍋焼きうどん
松山城天守
伊佐爾波神社
道後温泉本館
湯神社
湯築城
坊ちゃんからくり時計
飛鳥乃温泉
松山鮓(もぶり鮓)

でした。こうやってみるとだいぶ色々行ったように見えますが、正直なところ、だいぶ時間を持て余しました。時間があまったので無理に行ったところもあったし、行ったけれどもまあ行かなくても良かったかなというところもあったんですよね。時間をつぶすのが若干ツラかった。

なので他にどんな選択肢があったのか、どこへ行けば良かったのか、諦め悪く再度調べ直したいと思います。とはいえ次はいつ行くんだろう……。行くとしたら多分10年は経ってからだろうなー。

 

行っても良かったかも候補リスト。

ネットで松山の観光地をざっと調べました。以下はわたしの興味関心を基にした「行っても良かったかも候補リスト」です。これ以上はないほど順不同で。

坊ちゃん列車ミュージアム
道後ぎやまんガラス美術館
えひめ愛顔の観光物産館蛇口からポンジュース
セキ美術館
松山の超甘口ラーメン!「瓢太(ひょうた)」
大観覧車 くるりん
伊丹十三記念館
坂の上の雲ミュージアム
石手寺
子規記念館
萬翠荘
鯛めし
愛媛県美術館
愛媛県庁
奥道後温泉
松山総合公園
ミウラート・ヴィレッジ

個々の場所を調べます。行ってないわたしが予想で語るので感想は役に立たないかもしれませんが(笑)、一番わかりやすそうなサイトのリンクを貼っていきますので、観光の検討にお役立てください。

坊ちゃん列車ミュージアム

いや、ここはほんとに行けば良かったと思った。なぜなら入場料無料!しかも開館時間は7:00~21:00。伊予鉄松山市駅極近。スタバの奥にある謎の施設。行かない理由はなかった。内容検討以前に行かない理由はなかった。

内容自体は……多分地味なんだと思います。鉄道ファンなら面白がる内容なんだろうなあ。一般人には若干縁遠いかもしれない。でも坊ちゃん列車の原寸大レプリカはちょっと写真に撮りたいかも。

鉄道ファンによるページはこちら。

観光的な観点から見たページはこちら。

地味で静かなちっこいミュージアムも時折味があったりします。ここ、最近出来たんですね。2016年開館?意外。

ここは行っても良かったかも。なんといっても無料なところが。

道後ぎやまんガラス美術館

わたしは温泉地の小さな美術館というものに偏見があります。いいところもありますが、やっつけ仕事だと感じる美術館もありますからね……。多分そういう偏見によってここには行かなかったんでしょう。しかしガラスは好物です。

いくつかのサイトを見て、展示品が小粒そうだしやっぱり行かなくて良かったかと思ったのですが、こちらのサイトを見たらちょっと行きたくなった。ガラスのランプシェードに惹かれる。

 

 

こちらは入場料600円。営業時間が9:00~22:00。道後温泉本館から徒歩3分だそうです。イングリッシュガーデンもあり、カフェもあり、優雅な時間を過ごせそう。夜がいいかも。
……ひたすら歩いて汗だくのわたしが行って場違いではないかという心配はありますが。
しかしここのカフェね?食べログでは掲載保留になってるんですよねー。
公式サイトでは普通に今月のランチメニューも載せてるし、大丈夫だと思うんですけどね。

行っても良かったかも。

蛇口からポンジュース

いや、これはね。実はたしか松山城に行った時に茶屋の前にあったの。だからやろうと思えばやれた。が、暑いなか、目の前に目的地の松山城が見えている状態だと、ちょっと寄って飲んで行こうという気分にならないんですよね。わき目もふらずという状態になってしまう。わたしの場合、やはりそれなりに細かく計画をして、次はこれをやるぞ!と覚悟をしておかないと、だいたい素通りしてしまう傾向があります。

ポンジュースを飲もう!と決めたら、わたしは多分「えひめ愛顔の観光物産館」に行きますね。大街道から行きやすいというし、いくら蛇口から出て来てもあんまり高いと普通のジュースになっちゃうし。タダとは言わんが安く飲ませて欲しい。ここでは100円。空港では350円ですって。高いと蛇口のジュースっていう感動が薄いな。

ちなみにポンジュースの名前の由来は、「日本一のジュースになるように」ということだそうですよ。へー。

セキ美術館

ここも道後温泉からは徒歩5分程度らしい。温泉地の小さな美術館。……だと思っておりましたがそういうわけではなく、セキ株式会社という印刷会社の先代が収集した作品を美術館として開放しているとのことでした。

実はそういう成立の仕方をした美術館にはたまに当たりがあります。つまりその収集した先代と、訪問する人(この場合わたし)の好みが合うかどうかの問題。

それは実際行ってみないとわからないところなのですが。公式サイトを見てちょっと首をひねりました。ロダンの部屋があるなあ……。だがあるのは小さな彫刻作品が2つだけのようだなあ……。あとは版画か。ちょっと弱いかも……。ルノワールの「ロダンの肖像」は若干見たいけれども。

しかしこちらのサイトを読んで行ってみたくなりました。

わたしはここ10年くらいで日本画にだいぶ興味が出て来てるのですが、こちらは洋画も日本画もけっこう揃えているようです。加山又造がある程度まとまって見られるようですね。牧進があるところもちょっと気になる。上村淳之も見てみたい気がする。

洋画では岡鹿之助が見たい。小磯良平という人は名前しか知らないけれども、ここでまとまって見られるようだ。

有名作家の名が上がっていても、モネにだって「いいモネ」「悪いモネ」があるように、実際に見てみないとわかりませんからね。入場料700円。時間は10:00~17:00で休館日は月・火。

これは行っても良かったかも。

松山ラーメン「瓢太(ひょうた)」

松山のB級グルメを検索した時、ラーメンは出てこなかった気がするんですよね。いや、ラーメンはどこでも大抵出て来るから目がスルーしたのかな。熊本でも鹿児島でも和歌山でもラーメンを食べる予定でしたし。

そしたら松山ラーメンってけっこう味が違うんですってね!甘いんだって。わたしはラーメン好きですが、スープの違いなどはよくわからず「うーん、あっさり?」「うーん、こってり?」という程度です。でも多分そんなわたしでも甘いラーメンならなにがしかの違いは感じることでしょう。食べてみたかった。

「瓢太」に行ってみたいです。

「アルミ鍋焼きうどん」はアサヒさんで食べました。多分あの甘さの出汁がラーメンになっているんだろうと想像しますけどね。食べてみるしかそれを知る方法はない。「瓢太」の基本の中華そば650円。飲み会の締めにラーメンを食べにくる人が多そうですが、本来は居酒屋さんだそうです。おでんも売り。

行っても良かったかも。

ちなみにこの話題を検索する過程でつきあたった

愛媛のラーメンに恋しました。

というサイトは直接「瓢太」とは関係がありませんが、写真もきれいでラーメン愛にあふれていて面白いです。ほんとに三日にあげずラーメン食べていらっしゃるようですね。ラーメンを楽しみ、なおかつお体に気をつけて。

今治焼豚玉子飯

ここで今治焼豚玉子飯の情報につきあたりました!
実はわたしは大の目玉焼き好きで……目玉焼きが主役の食べ物なんてそりゃ食べたいよ!今治のソウルフードだそうですが、松山市内の「笑姫きっちんef」で食べられるそうですよ。ここは蛇口からみかんジュースでも名前が上がっていたところだから、ここへ行けばどっちも楽しめるかも。

行っても良かったかも。というか、行きたい。

ちなみにこの話題でふと思いついて「目玉焼き好き」で検索したところ、「ほぼ日刊イトイ新聞」の関連コンテンツであろう、

最高の卵料理、目玉焼き

というページがありました。面白かったので貼っておきます。しかしここに書いてある目玉焼きはわたしの求める方向とは違う目玉焼きだ。わたしはカリカリしてない目玉焼きが好き。

大観覧車 くるりん

伊予鉄松山市駅ビルの高島屋の屋上にある観覧車。これは乗るべきだったわー。

まず伊予鉄市内電車1Dayチケットを買います。

これが600円。そうすると「くるりん」が1回無料で乗れます。
……ん?くるりんの正規料金って700円なんですが……。ここで時空が歪んでいる。
わたしは1Dayチケット買わなかったんですよねー。買えば良かったと後悔することしきり。結局交通費としては路面電車市内均一160円×3回で480円だったんですが、それが600円になったとしても自由にあちこち行く気持ちになれたはず。1Dayチケットを買うべきでした。

時間は10:00~22:00。昼間でも夜景でも。

行っても良かったかも。

伊丹十三記念館

伊丹十三はあんまり興味がないので行かなかったんですけどね。今調べたら、建物を中村好文が作っているというではありませんか!中村好文はわたしが好きな建築家で、主に著作で親しんでいます。しかしこの人、だいたい個人住宅を作っている人なのでほとんどの建築は見られない。その建築作品を見られる貴重な場所だった……!

入場料800円。時間は10:00~18:00。ほぼ日のこんな記事を見ると、面白そうだよなあ。読み込んじゃうね。

行っても良かったかも。いや、行くべきだったかも。

坂の上の雲ミュージアム

ここがねー。迷ったところです。「坂の上の雲」は原作も読んでいないし、ドラマも見ていない。安藤忠雄の建築も、直島の地中博物館は見たいがこの建物はどうかなあ。まあそこを確認するために中に入るという考え方もあると思いますが、ネットで情報をさらってもあまり惹かれるものがなかった。

2階のカフェは入場料なしで入れるそうです。「一六タルト」「坊ちゃん団子」を始めとしたご当地銘菓1つと飲み物で500円のセットというのが推しらしい。

行かずに良かったかも。

石手寺

四国霊場第五十一番札所というとそれなりに落ち着いた、ある意味納まり返ったお寺を想像すると思うのですが……どうもここは一味違うらしい。

キッチュなのかシュールなのか……ひところ日本のごく一部で流行った「パラダイス」に通じるものがあるような気がする。こういう場所でも四国霊場第五十一番札所熊野山虚空蔵院石手寺。これは行ってみたい。

こっちが石手寺の公式サイトで、

こっちが四国八十八ヶ所霊場会が作ったサイト。

この落差が……。
道後温泉の駅から徒歩15分くらいだそうです。

行っても良かったかも。

 

子規記念博物館

道後温泉であんなに時間を持て余したんだから冷房に当たりがてらここに来ても良かったんですけどねえ。

うっ。夏目漱石が松山で暮らした時の貸家「愚陀仏庵」の一部模型もあったそうだ。見れば良かった。しかし愚陀仏庵ってすごい名前だ。知らなかったが漱石の俳号なんだって。

入場料400円。営業時間9:00~18:00。

行っても良かったかも。

天守閣二の丸庭園

だからここは「恋人の聖地」アピールを止めてくれと!そのアピールで二の足を踏んで行かなかったんだから。そうじゃなければ行ったんです。多分。普通にいい庭園じゃないですか。

こちらのサイトがきれいな写真を載せてくれています。

そうなんですね、二の丸御殿の間取りを水面の区切りで見せてくれてるんですか。そんなこと公式サイト見てもさっぱりわからないな。
入場料200円。営業時間9:00~17:00。

行っても良かったかも。行きたかった。

萬翠荘

ここは外観だけは見たんですよ。端正な洋風建築。きっちり。その外観だけで十分満足して帰って来た。果たして中を見て来るべきだったか否か。

内部の写真がなかなか見当たらなくて……。
こちらのサイトこちらかですかねえ。

見ても良かったかも。しかし内部を見ると非常に印象的だった外観のイメージが薄れるかもしれないな。内部も美しそうですが。ステンドグラスがいい使い方ですね。

うーん。行かずに良かったかも。ぎりぎりで。

鯛めし

主に経済的な理由で旅行の際はB級グルメ一択なのですが、鯛めし。美味しそうだなあ。食べたいなあ。

同じ鯛めしでも2種類あって全然別物なんですってね!そういうことは先に言って下さい。

宇和島鯛めし……鯛の刺身を卵と出汁をまぜたタレに合わせ、それをごはんにかけて食べる。
松山鯛めし……炊き込み混ぜごはん。

こちらのサイトを見ると、前半は「これは宇和島鯛めしやろ……」と思い、後半は「うっ、炊き込みごはんも美味しそう……」と思う。これどっちかに決めるの難しー。どっちも食べたいよねえ。

松山鮓(もぶり鮓)が美味しかった「すし丸」さんだとお手頃な値段。これなら2日通ってどっちも食べられそう。1000円内外ですもんね。

食べれば良かったかも。まあ実際に行った時はアルミ鍋焼きうどんと松山鮓で食事の部はいっぱいだったわけですが。どんなに欲張っても胃は一つしかない。

松山鮓(もぶり鮓)は食べたのです。事前には全然知らなくて、すし丸道後店さんの店頭のメニューを見て食べてみたところ大変美味しいちらし鮓でした。出会えた幸福。また食べたい。

他に有名店などあるのだろうか、と一応探してみたところすし丸さんで食べたのは正解だったようです。

愛媛県美術館

絵なんてものはやっぱり実物を見てこそよ、という意見はもっともですが、所蔵品のジャンル的にはあんまり興味ない分野かな。近現代の日本の洋画はそれほどは。

福田平八郎なる人の絵はちょっと可愛いようだけど。真鍋博の挿絵以外の絵は珍しいものとして見るけれども。ただ全然期待しないで行って「たった一枚の絵に巡りあう」ということもないではないからね。

入場料300円。営業時間9:40~18:00。企画展は別料金だろう。面白い企画展をここで見られたらお得感があるよね。

うーん。行かずとも良いかも。時間があれば考える。

愛媛県庁

県庁前をたまたま通ってその端正な洋風建築に、おお、と思った。
でも中に入ろうとは思わなかったですね。そもそも通りかかったのが19:00頃で入りたくても入れなかったでしょうし。

でもふと調べてみたところ、

どなたでもご予約をいただければ、職員がご案内をします。(1名でも可)」

とのことです。ほー。1名でもいいんだー。
でも1名で案内してもらうのは多分緊張しますよね。そういう方のために休日に見学するツアーがあるようです

こちらのサイトで雰囲気がよくわかります。
楽しそうです。特に最後みきゃんがいてくれるところが。
開催日に松山にいたら行ってみたい。

奥道後温泉と松山総合公園とミウラート・ヴィレッジは……

うーん、調べてみましたが、特に改めて惹かれるところではなさそうでした。

 

もし改めて松山市近辺の観光をするとしたら。

わたしは多分1泊2日にすると思います。今回行ったところも含めて、仕切り直し的にさくっとスケジューリングをしてみると、

1日目。
松山城
二の丸庭園
萬翠荘(外観)

お昼ごはんは「笑姫きっちんef」で今治焼豚玉子飯も今治ラーメンも含んだ「まんきつAセット」を食べたい!
えひめ愛顔の観光物産館の「蛇口からポンジュース」も。お腹に入るかな?

午後はちょうどいい曜日であれば愛媛県庁休日見学。
休日じゃなければ平日見学。1人でないことを祈りつつ。
そののち伊丹十三記念館。

夜は松山鯛めし。

2日目。

10時に朝ごはんとしてアルミ鍋焼きうどん。

セキ美術館。
石手寺。
伊佐爾波神社。

遅めのお昼ご飯を宇和島鯛めしで。

子規記念館。
道後温泉本館で入浴。
道後ぎやまんガラス美術館にも時間がありそうだったら行って、
「空の散歩道」の足湯にも時間があったら行って、

夜ご飯はもぶり飯。

坊ちゃん列車ミュージアム。
大観覧車くるりん。

21:00前くらいのリムジンバスで松山観光港へ。うん、完璧。満足。

あっ、しまった、松山ラーメン「瓢太」が入らない……。
食べ物は予定通り行けるかどうか自信がありません。旅行中はそれほどお腹が空かないし、がっつり一食分食べられるかどうか。ご当地グルメだけ数えてみても6種類あるから、朝昼晩ご当地グルメ三昧がノルマなのですが、難しいですよね、さすがに。

 

いつか松山観光をリベンジ。

前回の旅行では松山をじっくり回れませんでした。事前に調べておけばもっと行ける所はいっぱいあったのに……。次回はこの経験を踏まえて、後悔のないように観光したいと思います。鯛めしも食べたい!今治焼豚玉子飯も食べたい!再びもぶり飯も食べたいぞ!

これはわたしが自分のために組んでみたスケジュールですが、もし今後、松山観光に行かれる方の参考になれば幸いです。良いご旅行を。

 

 

-旅あれこれ
-,

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.