amairoの旅日記 西四国・南九州の巻/2019

40.ドルフィンポートで鶏刺しと回転寿司。

更新日:

水族館のそばにドルフィンポートという施設があります。ショッピングモール&レストラン。今の時間は17:00でまだ少し早いけど、ここで夕飯でもいいかな。お昼ごはんは何食べたっけ。あ、桜島のミナトカフェで食べた「Yellow-Submarine」だった。食べ応えはあったとはいえスイーツだから。お腹も空いて来た。

 

 

もう歩き疲れており、1階部分しか見ませんでした。ここには広いお土産屋さんがあるので、あとで買おう。長かった旅もあと2泊です。お土産も買わなきゃ。

 

鹿児島ご当地グルメの地鶏刺。

ここの端っこから端っこまで視察?し。食べ物屋さんは何軒かあるも、食指が動くのは回転寿司と、鶏刺しが食べられそうな焼き鳥屋さん。鹿児島グルメはしろくま(さりょくま)しか食べてないし、ここは鶏刺しが食べたいなあ。焼き鳥屋さんだとお酒が付き物だが……。この時間だったら他にお客さんいないし、ノンアルコールでも許されるだろう。

焼き鳥の西屋。広めの店内で、持ち帰りのお客さんが2人くらい待っていました。

 

 

地鶏刺し。ふふふ、やったね。ご当地グルメはやはりコンプリート欲を満たすなあ。

赤身とささみ(ですか?)がさっとあぶられて出て来ました。赤身のコリコリさが新鮮な食感。あっさりしていた。ショウガとニンニクで食べる。

それから、どんなものか予想できないものも頼んでみました。

 

 

豚足の焼き物。

あんまり豚足ってなじみがない食材。仙台でも焼き肉屋さんにはある気がするけど、その他ではあまり見ないかも。けっこうなボリュームなのがドンと出て来たので若干恐れをなした。
コラーゲンそのもののムチムチ感があり、酸っぱいタレで食べます。がぶりつかないと食べられない。食べにくいけど面白い。純粋に美味しいというよりは変わったものを食べたという面白さ。

この2品に烏龍茶をくわえて1350円。この他にかさ多めのキャベツのざく切りがお通しで出て来て、お通し代いるのかな?と思ったがたしか料金には入っていなかったと思います。

鶏刺しと豚足が食べられて満足。

 

めっけもん。

西屋さんで食べる量をちょっと控えめにしたのは、実は同じくドルフィンポート内の「廻る寿司めっけもん」というお店のポスターで気になるものを見ていたからでした。

ゴーヤツナマヨ。サラダ軍艦のサラダにゴーヤが入っているらしい。
こういうものは(多分)わたしの地元にはありません。食べてみたい。

なんだったらその一皿でもいいつもりで「めっけもん」に入ります。そうするとカウンターの板前さんからの「いらっしゃいませ!」という声が、――すごく大きくてビビる。普段わたしが行くのは100円寿司で、そういうところはもうカウンターに人間がいませんからね。

ビビったまま席につくと「本日担当させていただきます、○○です。よろしくお願いします」と板さんに大声でご挨拶いただく。やはりビビる。回転寿司でご挨拶されたのは初めてです。これはゴーヤツナマヨだけってわけには行かなさそう。ほんとに一皿という勇気もなかっただろうが。

地元の100円寿司にはよく行きます。でももう完全に注文はタッチパネルですね。それに慣れているので、実は人に注文するのが少々面倒。タイミングも見計らわなきゃならないし。

まずゴーヤツナマヨを注文します。130円。あとは「ブルースリー」を。このブルースリーは何なのかというと、青魚三種(あじ・さば・きびなご)で一皿のセット。432円。あとはまぐろ。180円。あと一皿くらい食べようかと思ったけど、鶏刺しと豚足も食べた後だし。まず様子をみよう。

そんなわたしの腹勘定も知らない板さんはちゃっちゃと注文を受け、しばらくしたら順番に運ばれて来ました。ブルースリーの皿にはあじの骨が飾りについている。おお、ここまでするか、と思う間もなく「あげますねー」と言って、出したと同時にその骨を持って行ってしまいます。

へ?あげる?……あ、「揚げる」のか。そこまでするんだー。

 

 

あえて3皿揃い踏み。やはりブルースリーが美味しそうに見えますね。ネタも大きいし。
あじの骨揚げは出て来るまで少し時間がかかったので、3皿食べ終わった後、そのために待ってた。普通の量を食べる人は食べてる間にちょうど良く出て来るタイミングでしょうが、わたしは3皿で良かったので食べ終わってしまった。

 

 

おお。たしかに揚がっている。骨揚げも美味しかったー。揚げたてほやほや、かりかりさくさく、頭からばりばり。こういうものが食べられると思ってなかったし。

で、お寿司で一番何が美味しかったかというと、ゴーヤツナマヨ柚子胡椒味でした。柚子胡椒が効いてて新鮮な味だった。うちではあんまり柚子胡椒使うことがないんです。

そういえば、しょうゆが、甘口と辛口ありますよって言われた気がするなあ……。辛口と言われる方が普通のしょうゆで、甘口は鹿児島ではポピュラーな、甘めのしょうゆらしいです。わたしはたしか普通のしょうゆにした気がするんだけど。板さんの大声に気圧されてあんまり覚えてない。

晩ごはん2軒はしごするのもどうかと迷ったんだけど、行って良かったー。

 

お土産を買って帰ります。

ドルフィンポートにあるお土産屋さんでまとめてお土産を買います。仙厳園で試食して美味しかったので紅芋タルトを。たしか西郷さんの写真が包装紙に印刷してあったヤツ。あとはインスタントの鹿児島ラーメンなど。最終日にスーツケースに詰めて宅急便で送ってしまう。

お土産屋さんで天文館方面に行くバス停を訊いたところ、バスはあまりないらしい。お土産屋さんのおにーちゃんが「歩いても10分くらいですよ」と教えてくれたので、歩きました。ほんと、迷いようがない太い道路を歩いてすぐでした。

 

ドルフィンポートは多分こっち側が正面。ぱっと見リゾート地のホテルみたいですが、右側に並んでいるコテージ風の建物がお店。お店の入口は向こう側にあります。建物の陰は海です。

18:00、ホテル着。今日は桜島へ行って、水族館へ行って、ご当地グルメも食べて、充実した一日でした。明日は観光としては最終日。どこへ行こうかはっきり固まってないんですよね。これから寝る前に考えます……

 

前のページ:39.イルカ大好き!かごしま水族館。

次のページ:41.維新ふるさと館。薩摩藩と庄内藩の縁を知る。

-amairoの旅日記, 西四国・南九州の巻/2019
-, ,

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.