旅あれこれ

◎仙台から伊勢・名古屋方面へ行くには?ルート検討会ですよー。< 愛知・三重グルメ編 >

投稿日:

旅にグルメはつきもの。せっかく行くんだったら可能な限りカバーしたい。私の場合はB級グルメですが。三重県、愛知県のグルメはどんなものがあるでしょうか。

 

三重県のグルメ。

てこね鮨。

いわゆる漬け丼ですかね。カツオをはじめとした漬けのちらし寿司。

伊勢市近辺で食べられるようです。店によって伊勢うどんとセットで1500円くらいのメニューがあるようなので、ちょっと良さげ。伊勢うどんも有名ですが、わたしがもともとうどんに惹かれないので、セットでちょっと食べられればうれしい。一食分としては量が多いかな。

とばーがー。

出た!これぞB級グルメ的なネーミング。おそらく町おこしの一環として近年生み出されたものなのでしょう。鳥羽市自慢の海鮮を使ったハンバーガーで、相当に自由度は高いみたい。かなりバラエティに富んだ姿。値段も500円~1000円超とそれぞれ。

わたしとしてはタコかつバーガーなどが気になりますかね。伊勢えびコロッケバーガーを復活していただいて、ここで伊勢えびを食べた気分に……まがりなりともなりたいと思いますが。

赤福。

昔、いつも大阪の伯母が伊丹空港から買ってきてくれたお土産は赤福でした。それにちなんで本場の赤福を食べたい!作り立ては美味しいそうですよ!

が、混んでいるんでしょうね、おかげ横丁の本店は。混んでいて入れなかったら本店にこだわらず、別な支店に行ってみます。味は均一なはず。

虎屋の生ういろ。

名古屋名物のういろうとどこが違うのか。名古屋のういろうは米粉、伊勢名物の生ういろは小麦粉で作るらしい。味の違いはどこにあるのか。それは食べてみるしかない。

店舗が各所にあり、確実に行けるのは伊勢神宮門前のおはらい町ですが、なんなら名古屋にもあるらしい。セントレアにもありそうですね。けっこうボリュームがあるお菓子だと思うので、買って朝食として食べるか、お土産として最後に買うのが良さそう。

三ツ橋ぱんじゅう。

パンとまんじゅうの中間というコンセプトで、見た目はたこやき、実体は大判焼き、というようなぱんじゅうを食べてみたい。伊勢駅すぐにあるそうだし。7、8種類あるから、これもやっぱり食事だな。

 

当然伊勢えび、松坂牛などの高級食材も食べたいんですが、食事は高くても2000円くらいまでにしておきたい。1食に5000円かけるのならばその分1泊伸ばしたい。伊勢うどんは、うどんにあまり食指が動かない上にコシがないうどんというのがどうも信頼出来ない……。松阪鶏焼肉は食べたいけれどもおそらく松阪には行かない。

 

三重県のB級グルメはちょっと地味でした。目玉はてこね鮨かな。実際に行く時は泊まるところの近辺でいい店の目星をつけましょう。

 

愛知県のグルメ。

愛知はB級グルメの宝庫というイメージがあります。A級でもB級でも何でも来い!

ひつまぶし。

ひつまぶしが食べたい!今までひつまぶし風お茶漬けは食べたことがあっても、本式のひつまぶしを食べたことがない!(気がする)。

が、ひつまぶしは結局ウナギなので高い。有名店だと4000円前後がラインだろうか。4000円を出す気になるかはその時に決めます。何しろ何年もひつまぶしに憧れていたから、食べたいことは食べたい。出す気になれなかったら、お手軽な値段のひつまぶしを探す方向で。

名古屋コーチン。

名古屋コーチンは料理名というよりは食材。名古屋コーチンを美味しく食べる一番の料理はなんでしょうか?

鍋とか焼き鳥、という意見もありましたが、下戸の一人旅にはどちらもハードルが高い。ここは親子丼などいかがでしょう。「鳥開」というお店などは全国チェーンらしいし、お値段的にも気軽に利用出来そう。手羽先、もも焼きも普通の鶏肉と名古屋コーチンの違いを如実に感じるそうです。肝刺しも気になるが……

「名古屋市農業センター」では軽食コーナーのノリで「名古屋コーチン食堂」という施設があり、格安。親子丼が800円弱、名古屋コーチンたまごかけご飯が500円前後、名古屋コーチン玉子とじラーメン、玉子サンドなどメニューいろいろ。なんとモーニングセットについてくるゆで卵も名古屋コーチンらしいですよ!

しかし問題は、いかに豊富なメニューだろうと1回1食しか食べられないことと、ただでさえ行きたいところがいっぱいある名古屋で農業センターにわざわざ行くのか……という点。良さそうな公園ですが若干遠い。

味噌かつ。

実はみそ味はそれほど得意ではないかもしれないのですが……。濃い味が比較的苦手。でも味噌かつくらいなら何とかいけるのではないかと。食べると意外とあっさり、という意見もありますしね。

こっちでも、大戸屋でたしか味噌かつがメニューにあって食べたことがあった気がします。味はあんまり覚えてないけど、本場に行くと全然違う味だったりするのでしょうか。

「矢場とん」というお店が行きやすそう。他にも名店は数えきれないほどあるようです。

玉子とじラーメン。

今回初めて知って大いに食指が動いたのが玉子とじラーメン。これは普通に美味しそう。大阪・海遊館の近くで食べた茶碗蒸しラーメンを思い出すなあ。「萬珍軒」というお店が有名なようですよ。お手頃な値段で良さげ。

他にきしめん、手羽先が気になっている。が、これは食べられるタイミングがあったらでいいかな。おきつねバーガーというものも気になりますが、豊川には行かないと思うので食べられないでしょう。

有名な名古屋めし、味噌煮込みうどん、小倉トースト、台湾ラーメン、あんかけスパゲティ、土手煮はわたしの嗜好に合わないのでパス。

ちなみに名古屋めしを制覇したい観光客にぴったりのお店があるらしい。

名古屋名物 名古屋めし食堂 丸八

ここに「名古屋めしコース」というのが5000円くらいで飲み放題付なのがあり、
鰻の肝串や土手煮、唐揚げ、とんかつ、手羽元、玉子焼きにひつまぶし、というコースになっている。これ、いいじゃないですか!と思ったが、下戸は飲み放題には全く関わらないし、そもそもこのコースは3人からしか予約できなかった。絵に描いた餅ですな。絵に描いたひつまぶし。

 

三重と愛知のおいしいもの。

食に関しては、三重はてこね鮨、愛知ではひつまぶしが軸ですね!その他はその時に応じて適宜。

それなりの日数滞在すれば、ご当地グルメを征服したいという欲は出るし、それをスケジュールに織り込むのも(面倒だけど)楽しいですが、あまり食べ物に振り回されるのも本末転倒。タイミングが合えば、程度に思っておく方が気楽です。

現地に行って出会って食べたくなるものもあるしね。通りかかった、地域の昔ながらの和菓子屋さんに入って、そのお店の看板商品をふと買ってみるのが好き。紀伊田辺で出会った「岩しみず」というわらび餅のお菓子が印象深い。透明なぷるぷるした半球形の物体で、1つ2つ淡い青とピンクのも混じってたりしてとてもきれい。

では次回は最後、スケジュール決定と宿泊地です。

 

 

関連記事

◎仙台から伊勢・名古屋方面へ行くには?ルート検討会ですよー。<移動と三重観光編>

◎仙台から伊勢・名古屋方面へ行くには?ルート検討会ですよー。< 愛知観光・一軍メンバー編 >

◎仙台から伊勢・名古屋方面へ行くには?ルート検討会ですよー。< 愛知観光・二軍メンバー編 >

 

-旅あれこれ
-, , ,

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.