旅あれこれ

◎仙台から尾瀬へ行く場合の移動方法について。ルート検討会。

更新日:

はるか昔に一度、尾瀬に行ったことがあります。それは写真教室の撮影会でした。デジカメも持っていたけど、わたしは相当後までフィルムカメラ派でした。

でもその時は写真家の先生が一から十まで企画して連れて行ってくれたので、自分では全く下調べというか準備をしませんでした!どこをどう通って行ったのかすら、うろ覚え。

仙台からだとなかなか行きにくくてハードルが高い尾瀬ですが、個人で行こうとした場合どういうことになるのか調べてみたいと思います!

 

尾瀬はこの辺。山奥で範囲が広い。

仙台-尾瀬間は直線距離でも200キロありますね……

これがなかなか大変なところ。何しろ広大な範囲だし、尾瀬への出入口も全方位で主なものが5つあるそうです。広すぎてグーグルマップでは実感が湧くサイズにならない……

 

どこからアプローチする?

いろいろなバリエーションが考えられるので、アプローチは無限にありそう。

仙台からですとやはり福島県側の桧枝岐村から尾瀬へ入るのが良さそうです。アクセスについては檜枝岐村観光協会のサイトがわかりやすくて目安になる。これを基準にしたいと思います。

 

まずは檜枝岐村を目指して。

交通手段:車・JR・バスのうち最低2つは駆使しないと辿りつけない……。

最初から最後までマイカーで移動するのがシンプルで時間の融通もきいていいと思うのですが、何しろ遠いからなあ。わたしは車の運転を1日100キロくらいまでにしたい……

仙台ー檜枝岐村の道路距離は270キロくらいあります。高速道路を使っても目安としては4時間半。これを運転するのは無理だー。なので公共交通機関を利用するルートを探してみたいと思います。

長距離バス+電車の場合。

仙台ー会津若松を長距離バスで、ということになりそうです。会津バスが1日8便、片道3100円で運行しています。2時間半。

その後は会津若松ー西若松間をJRで、西若松ー会津高原尾瀬口駅を会津鉄道で。

……うー。ここをなぜ会津若松始発にしてくれないのか。

乗り換え時間の参考として、仙台から最初のバスで7:50発ー会津若松10:15着。そこから西若松駅行は、……10:16発。次の電車は12:04分。あかんわ、これ。ここは4キロくらいなのでタクシーですかねえ。凹みます。

会津若松駅と西若松駅の位置関係はこんな感じ。

西若松駅は鶴ヶ城のすぐ西側ですね。あ、これなら路線バスもありそう。

ありました。会津バスがかなり頻繁に出ているようです。

会津バス路線図。

西若松ー会津高原尾瀬口駅までは、1910円。
10:22-11:57←これはタクシーを使っても多分間に合わない。
12:10-13:49←これは会津若松駅12:04発の電車に接続してくれてるのか?
13:02-14:18←これは確実に乗れるが……

会津高原尾瀬口駅ー檜枝岐村は会津バス。2090円。
14:30-15:38
17:00-18:08

多分、入山可能な季節には尾瀬の入口である沼山峠がバスの終点だと思います。檜枝岐村からさらに1時間ほどかかる。2710円。でも冬季はバスの終点は檜枝岐村。
うーん、でも沼山峠に16:00過ぎに着いたとして、そこから日没まで尾瀬の山小屋に入るのはきつそう……ちょっと無理な日程。

でも結局、檜枝岐村へのバスは仙台を一番早く出ても14:30の便にしか乗れないので、仙台9:20発-会津若松11:45のバスでいいですよね。9:20に出て15:40へ檜枝岐村へ着く。所要時間6時間ちょっと。

ここの料金をざっと計算してみると、
会津若松ー西若松間を路線バス利用として片道7000円。
うーん。このくらいはかかるだろうなあ。往復14000円。

JR+レンタカーを使用した場合。

仙台ー那須塩原間は新幹線で約1時間。6000円程度。
普通電車だと乗り換え2回で4時間。3410円。
これは新幹線ですよねえ……。

レンタカーは2泊3日で10000円くらい。でもこの他に保険料とかもかかるしね。2泊3日のうち実際に乗るのは檜枝岐村までの行きと帰り、ほんの100キロずつなんだよなー。200キロのために13000円くらい?ちょっとコスパが悪すぎですね……

往復で考えると25000円。

ちょっと参考までにマイカーで高速道路を使った場合。

仙台宮城から那須まで3630円。180キロ。……うーん。ガソリン代がかかるとはいえ、高速代往復とガソリン代で1万円ちょっと。ETCだと2500円?1万円切るかなあ。

一番安いのはマイカー利用ですね。1日100キロなどとぬるいことを言ってる場合ではないかも。だが、270キロかー。ハードルが高すぎる……

 

仙台から尾瀬に行くのはなかなか大変なようです。

公共交通機関で行くルートを調べてみました。片道7000円は妥当かと思いますが、自宅から檜枝岐村までの乗り換えを数えると都合6回。……ちょっと多すぎる。接続も良くない、本数も少ない、というのがネックです。

だが荷物を宅急便で送ってしまえば、接続の悪さは高いハードルではないかな。いかにも旅行をしている気分にはなれる。ここを楽しめるかどうかでしょうか。

あ、その代わり宅急便代がかかります。往復で4000円。割引して3200円。プラスマイナスゼロくらいですが、荷物が軽いというのは大きなアドバンテージ。

檜枝岐村まで行ってもそこからの尾瀬の攻略もまたなかなか大変そう。尾瀬は大雑把に言って、東側に尾瀬沼、西側に尾瀬ヶ原という湿原があります。わたしが以前に行ったのは尾瀬沼だけで、そこだけで十分満足出来ましたが、せっかく行くならどっちも行きたいかなあとつい考える。そうすると2泊3日で間に合うか?という疑問も出て来て……
さらに深みにはまる。

結論:これはツアーを利用した方がいいかもしれませんね!←結論はそれかい。
しかし現在は冬季、入山禁止中なのでツアーは企画されていません。

そもそも仙台からの尾瀬ツアーは数が少ないかと思われるが、春になったらそこらへんもチェックしてみたいと思います。

尾瀬はね。景色がいいですね。写真を撮るならやはり早朝と夕方だと思います。光がドラマチックになりますから。行くの大変だけどもう一度行ってみたいなあ。

 

 

 

 

関連記事

仙台から釧路湿原へ行く場合には?ルート検討会ですよー。

◎小倉・門司・耶馬渓・宇佐・国東半島のルートの検討会。

◎イルカと泳ぎたい!夢をかなえてくれる太地町の「ドルフィン・リゾート」。

 

 

-旅あれこれ
-, , ,

Copyright© 旅と風と日々のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.